7個の商品

コレクション: ファイブ&20スピリッツ

ニューヨーク初のワイナリー、醸造所、蒸留所の組み合わせ

40 年間、マッツァの主な焦点は、ノース イーストの マッツァ ヴィンヤーズ から始まる卓越したエリー湖のワインを造ることでした。 、PA。 2005 年に、彼らはメイヴィル Mazza Chautauqua の場所で小さなクラフト蒸留事業を開始し、オー ド ヴィー (フルーツ ブランデー) を作りました。 、グラッパ、酒精強化ワイン用のスピリッツ。蒸留製品の需要が高まり、お客様に新しい製品を楽しんでもらいたいという要望が高まり、蒸留所の拡張が次のステップになることは明らかでした。

蒸留所の 105 ガロンの銅製ポット スチルは、もともとドイツのメーカー、クリスチャン カールが輸入したものでしたが、ニューヨーク州ウェストフィールドにある新しい場所のスティル ルームに移され、2015 年に 2 つ目のポット スチルが追加されました。

新しい施設は、ニューヨーク州西部のルート 5 とルート 20 の間にある 80 エーカーの農地にあり、現在、蒸留および醸造事業で使用されるさまざまな農産物に囲まれています。プロジェクトのすべての段階で、持続可能な取り組みと「穀物からグラスへ」モデルを重視し、蒸留に使用する農業原料の大部分を現場で栽培することに取り組んでいます。

Five & 20 Spirits は、80 エーカーの敷地で「Grain-to-Glass」モデルを使用して、最も地元で栽培された原料を製品に使用しています。これは、彼らが農業と生産を計画するのに苦労したことを意味し、最終的にグラスに入る飲料を作るために使用する農産物が遠くまで移動する必要がないようにします.これにより、これらの作物を栽培している農家と密接に協力し、緊密な関係を築く機会も得られます。また、原材料がどこから来ているかを正確に知っていることも意味します。つまり、より高品質の製品を意味します.

Five & 20 Spirits Head Distiller Joe Nelson

Five & 20 Spirits は、高品質の 小ロットの製品を生産しています。小さなバッチで作業することで、細部にまで気を配ることができ、製品を創造的かつ柔軟に扱うことができるため、刺激的でユニークな飲み物を提供できます。また、穀物からグラスまでのモデルにより、成長産業において真のローカルテイストを提供できます。