0個の商品

商品が見つかりません
絞り込みの数を減らす、またはすべて削除する

コレクション: グレンロセス蒸留所

「妖精の井戸」の水で作ったウイスキー

歴史

グレンロセス蒸留所は、スペイサイドの中心部、バーン オブ ローセスのそばにあります。この地域は、モルト蒸留の中心地として広く知られています。私たちの私有泉である「妖精の(または女性の)井戸」は、近くのドゥーニーのグレンにあり、この重要な水源を囲むすべての土地は蒸留所によって所有され、保護されています。

1879 年 12 月 28 日、日曜日にグレンロセスで蒸留が始まりました。1896 年には、ブレンダーからの需要が高まり、ますます高く評価されるモルト ウイスキーが増えたため、蒸留所が拡張されました。創業から100年、1979年に新しい蒸留器が設置された。

開業以来、蒸留所は最高の蒸留所の 1 つとして認められてきました。スペイサイドで最も人気のあるウイスキーの 1 つです。 The Glenrothes のストラクチャー、フレーバー、ボディは、カティーサークやザ フェイマス ライチョウなどの世界最高のブレンドの中心にある「トップ ドレッサー」または品質エンハンサーとなっています。専門の蒸留所とブレンダーは、最高級で最も完成度の高いモルト ウイスキーの 1 つを生産していると主張しています。

蒸留所は一般に公開されていませんが、特別なゲストがロセスハウスに招待され、蒸留所を訪問することがあります.