1個の商品

コレクション: グレンキンチー蒸留所

ミルトン蒸留所として設立


歴史

エディンバラ近郊のグレンキンチー蒸留所は、ローランド モルト ウイスキーを生産している 3 つの蒸留所のうちの 1 つです。

グレンキンチーは、名前が示すように、イーストロージアンのペンケイトランド村近くのキンチーバーンのグレンにあります。エジンバラから約 15 マイルの場所にあります。蒸留所は農地にあります。 「キンチー」という名前は、土地の元の所有者である「デ・クインシー」の訛りです。その起源は、1825 年頃にジョンとジョージのレート兄弟によって設立されたときまでさかのぼります。元の名前はミルトン蒸留所でした。兄弟はおそらく 1837 年頃に名前を変更した.

エジンバラ モルトの本拠地であるグレンキンチーを訪れるには、市内中心部からイースト ロージアンの起伏のある農地への短い快適なドライブが必要です。ここでは、スコットランドの優れた大麦と、近くのラマーミュア ヒルズからの澄んだ澄んだ水を使用して、蒸留所があらゆる点でキャピタル モルトを製造している様子を見ることができます。モルト ウィスキーの展示は、指定された赤レンガの建物に収められており、蒸留所バーのドラム缶は通常、知識へのさらなる渇望を満たします。

グレンキンチーのラベルは、1989 年にユナイテッド ディスティラーズがクラシック モルツ ブランドとして販売を開始するまで、比較的知名度が低かった.