4個の商品

コレクション: クライゲラヒー蒸留所

スペイ川を見下ろす岩の多い丘の上


クライゲラヒー蒸留所は、1891 年にバンフシャーのクライゲラヒー村近くのアベラールに、アレクサンダー エドワード率いるブレンダーと商人のグループであるクライゲラヒー蒸留所株式会社によって建設されました。 2 年後 (1893 年) に有限会社として法人化され、1896 年にクライゲラヒー グレンリベット蒸留所として再建されました。

蒸留所は、スコットランドのスペイサイド ウイスキー生産地域の中心 (フィディック川とスペイ川が合流する場所) に位置しています。クライゲラヒーという名前は「岩の多い丘」を意味し、ザ・マッカラン蒸留所の向かいにあるスペイ川を見下ろす崖を指しています。

Craigellachie 蒸留所は、蒸気を冷却して蒸留酒を液体の形に凝縮し、余分な風味を与えるために「ウォーム タブ」を使用していたため、1891 年でさえ古風であると説明されていました。彼らが今日まで続けていること。

このウイスキーの蒸留プロセスの一環として、クレイゲラヒーは「ワーム タブ」を使用して蒸気を冷却し、蒸留酒を凝縮して液体に戻します。

蒸留所は通常、蒸留酒の蒸気を凝縮器に通すことで蒸留酒を液体に戻します。凝縮器は銅の配管を取り囲み、冷水が通過します。

ワームタブも同じことをします。通常は蒸留所の外にあり、パイプが底を横切ってジグザグに通過する冷たい流れる水のプールで構成されているため、ワームという名前が付けられています。

ワームタブは凝縮器よりも広いスペースを必要とし、維持するのにかなりの労力を必要とし、天気の気まぐれに左右されます。タブ内の水が温まると、凝縮が困難になり、不可能になる可能性があります。このため、大部分が置き換えられました。

伝統的で、多くの場合何年も前に使われなくなりましたが、それらはますます希少で古風な方法であり、独特の強くて肉付きの良い特徴を生み出しています.

オールド・パルトニーグレン・エルギン、モートラック、スプリングバンクなど、他のいくつかの蒸留所だけがワーム・タブを使用しています.

その後、所有権はピーター・マッキー (1916 年)、蒸留所会社 (1927 年)、SMD (1930 年) に渡った。 SMD への移籍は、Craigellachie の安定期の始まりを示しました。ポットスティルの数が倍増した1964年から65年の再建を除けば、蒸留所での出来事は比較的少なかった.

1998 年、Craigellachie は John Dewar & Sons に売却されました。John Dewar & Sons は、Aberfeldy、Royal Brackla、Aultmore、Macduff の所有者であり、自身も Bacardi 飲料コングロマリットの一部です。

その歴史の中で、蒸留所はほんの一握りの公式ボトリングしかリリースしていません。この蒸留所の製品は現在、主にデュワーズ ブレンデッド ウイスキーに使用されています。

クライゲラヒー蒸留所にはビジター センターがありません。